2008年05月31日

アグチムとコッケチム

23日、昌原市役所を出たのはちょうどお昼時。
なので、市内の美味しい食べ物やお店について通訳の方に尋ね、その中の一軒に行きました。

食べたのは、馬山名物「アグチム」と「コッケチム」。
アグはアンコウで、コッケはワタリガニのこと。
それぞれの素材を豆もやしと一緒に蒸して、唐辛子、ネギ、ニンニクなどで味付けした料理です。

最初見たら「スパゲティ?」face08と勘違いしてしまった、ものすごい量のもやしでした。



 ↑ コッケチム


 ↑ アグチム

食べてみると、超辛い!
でも、しばらくするとそれに慣れてくるのが不思議。


ビールの次に焼酎を頼んだら、ラベルには「ハイト」と書かれています。
ビールメーカーの「ハイト」がつくっているんでしょうね。たぶん。
初めて目にしました。





 ↑ 宴の後  


Posted by かいさく at 12:07Comments(0)旅行・出張・県外食事処
本日、サンデー山口の「稜線」というコーナーに掲載したコラム。

先週、関釜フェリーを利用して韓国へ。
市日韓親善協会の入交知則会長らに随行して、山口県と姉妹提携を結んで20周年となる慶尚南道の道都・昌原(チャンオン)市を、23日に訪問した。

オーストラリアの首都・キャンベラをモデルとした韓国初の「計画都市」で、釜山からは車で西方向へ約1時間。
釜山広域市から昌原へと道庁が移転したのは1983年で、今年10月には「第10回ラムサール条約締約国会議」の舞台にもなる。

市の経済通商課を訪ね、説明を受けた。
現在の人口は約51万人で、2012年には70万人にまで増えるという。
中心部を走る直線道路は12・3キロあり、飛行機の離着陸も可能。
官公庁、工業、住居などのエリア分けがきちんと行われており、環境都市づくりにも積極的。
昨年「住みごこちの良い街」の1位に輝いたそうだ。
驚くべき事に、なんと住民の平均年齢は31歳!

毎月500人の赤ちゃんが誕生しており、出生率の低さが日本を上回る韓国だけに“ヤングシティー”と呼ばれているそうだ。
ただ、全般に物価は高く、土地もソウルに次ぐ高値だという。

現在、山口市と姉妹縁組を結ぶ話が持ち上がっている。
そうなれば、歴史ある姉妹都市・公州市とはまた違う、経済分野まで含めた交流ができるようにも感じた。



そう。
今回の訪韓の目的は、昌原市役所訪問でした。


市の中心部にある巨大なロータリー広場。
周囲にはロッテデパート、Eマート(ショッピングセンター)、銀行、市庁舎などが並んでいます。






そしてなんと、市庁舎の上には大きなオーロラビジョンface08



官公庁エリア、中心市街地、そして工場地帯をざっと視察しましたが、活気ありましたね。
“平均年齢31歳”にはぶったまげましたが。



 ↑ 「第10回ラムサール条約締約国会議」の看板


 ↑ 中心市街地


 ↑ 滑走路にもなる直線道路


 ↑ 工業地帯
  


Posted by かいさく at 12:08Comments(0)稜線

2008年05月29日

ヤンゴプチャン

今回の訪韓、宿はチャガルチ市場付近のヤンゴプチャン(ホルモン)通りの中にある安宿でした。
1泊約3000円

宿に紹介してもらい、隣にあるホルモン店に入りました。

女性主人1人が切り盛りしているお店です。
1人でお子さん2人を抱え、しかも昨年ズブの素人から転身したのだと。
ご苦労されているようです。
近くにある他のお店の場所を聞いたら、バイクに2人乗りで案内してくれたり、とても親切な方でした。




ヤンはミノ、コプチャンは小腸を指します。

  


Posted by かいさく at 17:56Comments(0)旅行・出張・県外食事処

2008年05月28日

UN記念公園

朝鮮戦争(1950年~)で戦死した国連軍兵士の墓地、「UN記念公園」に初めて行きました。



24日の天気はあいにくの激しい雨。
びしょぬれになってしまいましたが、その分厳かな雰囲気で、気持ちも引き締まりました



休戦直後には約1万1000人の遺体が埋葬されていたそうですが、母国への移送などがなされ、今は2300人が眠りについておられます。

出身国と人数は、
英国=885人
トルコ=462人
カナダ=378人
オーストラリア=281人
オランダ=117人
フランス=44人
米国=36人
韓国=36人
ニュージーランド=34人
南アフリカ共和国=11人
非戦闘要員=11人
無名勇士=4人
ノルウェー=1人
となっています。



北朝鮮に攻め込まれ、残るは釜山だけとなった窮地を見事に救ってくれた国々。
韓国の皆さんは、感謝の気持ちをいつまでも持ち続けるのでしょう。


当時、敗戦間もない日本が韓国を手助けできるわけもありません。
ですが皮肉なことに、朝鮮戦争の特需のおかげで、わが国は見事に復興を遂げました。

そんなことも、対日感情を複雑にさせている原因の一つなのかもしれませんね。



  


Posted by かいさく at 19:07Comments(0)旅行・出張・県外食事処

2008年05月27日

済州家

5月23日(出国は22日)から25日(帰国は26日)にかけての訪韓。

目的などはまたの機会に譲るとして、メンバーは男性2人、女性3人の計5人。
わたしが一番若輩で、ほかの方々は全員、年齢が一回り以上の先輩になりますicon10


いやー、入国から出国まで、とにかく食べ続け。

行くお店はほとんど、釜山に何度も来られている先輩にお任せです。
なので、食べ物の嗜好もその世代に沿っており、カルビやプルコギを食べには行けませんでした(;>_<;)


さて、23日朝、釜山に上陸して初めての食事は、南浦洞にある「済州家」アワビ粥



店内には日本語もあふれていたので「観光客向け?」face04
とまずは警戒したのですが、いざ運ばれてきたアワビ粥を口に運んでみると、美味い!face03
これまでに食べたことのない味。
アワビの肝ともち米とを炒めて煮込むそうで、ネタは済州島から空輸で仕入れています。

今回は注文しませんでしたが、ワカメとウニのスープもこのお店の人気メニューだそうです。


 ↑ これで1万ウォン=約1000円(最近、為替レートが以前に戻りました)


  


Posted by かいさく at 17:45Comments(3)旅行・出張・県外食事処

2008年05月25日

帰国!





関釜フェリーに乗ってます。
韓国から日本国内へと入りました。
詳細はまた!  


Posted by かいさく at 22:44Comments(0)旅行・出張・県外食事処

2008年05月22日

韓国へ!





これから関釜フェリーに乗って、韓国へ。帰国は26日朝の予定です。
しばらくブログの更新が滞るかもしれませんが、ご容赦を。  


Posted by かいさく at 18:07Comments(0)旅行・出張・県外食事処
宇宙戦艦ヤマト消しゴム紹介の第4弾は、白色彗星都市帝国

2色持ってます。


白色彗星の渦の中心核を波動砲で打ち抜き、「やった!」と喜んだ途端に登場した都市帝国。
スクリーンを見ながら愕然としたものです。

さらに、多くの犠牲を出しながらようやく都市帝国を内部から破壊。
まさかその後に、月を一撃で粉砕してしまうような超巨大戦艦が姿を現すとは…。

ホント、「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」は名作でした。





 ↑ 下部は小惑星で、その上に都市が築かれています
  


Posted by かいさく at 15:44Comments(0)お宝(消しゴム)

2008年05月20日

翠山荘

毎月20日に開催される、官民問わずさまざまな職場の“長”が集まる勉強会・廿日会に参加しています。

きょうは、午後0時から1時にかけて、湯田温泉の翠山荘でありました。

今回の講師は、エフエム山口の古谷正二社長。
「放送業の一コマ」と題し、ラジオや放送業界を取り巻く環境について、約30分間講演されました。

講演の後は会食。


 ↓ 今日の弁当です





地図はこちら
  


Posted by かいさく at 14:42Comments(0)会合・食事処-山口市湯田

2008年05月19日

春来軒(荒高)

18日(日)は、家族4人で山口市中心商店街へ。
ちょうどお昼時には、西門前商店街にいました。

17日付サンデー山口の企画は、タイムリーにも「西門前・荒高地区フォトジャングル」
この企画に登場していただいた、近くの春来軒に食べに行きました。

山口名物・バリそば大好物です。


着いて驚き!
店の外まで連なる長蛇の列
企画の効果か!?
店内には、フォトジャングルの紙面も飾ってありましたよ。


オーダーの際、メーンのバリそばを何人前にするか、いつも迷ってしまいます。
今回は、バリそば2人前、ラーメン、中華丼、ギョーザを注文し、シェアしました。





 ↑ 初めて食べた中華丼。子どもが何度も「おかわり」と


お店の方に一声掛けようかとも思ったのですが、あまりに忙しそうなのでそのまま出ちゃいました。
美味しかったですface02


地図はこちら