2008年08月29日

アユタヤ

タイに入って2日目の14日は、バンコクから北へ80キロのアユタヤを見学しました。


まず、寺院「ワット・プラ・シー・サンペット」や、徳川家康の時代に栄えた日本人町跡へ。




続いての昼食会場は、水上レストラン。


 ↑ 座った席からの眺め






食後の運動(?)には、乗馬ならぬ乗象。




最後に、工芸品などをつくる「バンサイ芸術センター」を見学し、バンコクへの帰路につきました。


  


Posted by かいさく at 16:28Comments(0)旅行・出張・県外食事処

2008年08月28日

和食家婁 I-CHI

21日にあった会の会場は、宇部市の「和食家婁 I-CHI」

めちゃおしゃれな空間で、各種創作料理と、美味しいお酒をいただけます。














地図はこちら
  


2008年08月27日

マーガレット

先週金曜、ちまきや共栄会の解散式が、ちまきや5Fのレストラン・マーガレットでありました。






とうとう、この週末でちまきやも閉店。
一つの時代が終わった、という感じで寂しいですね。

地図はこちら
  


2008年08月26日

デモ行進



先ほど山口市内で、県トラック協会の長いデモ行進に遭遇。
交差点における警察官のマズいさばきもあり、かなりの間足止めを食らってしまいましたface07



デモの内容は、軽油税の引き下げや高速道路料金値下げの要求。
「これまでも値上げ分は料金に転嫁できず、この状態では企業が存続できない」というアピール活動です。


本来的には、適正な料金でのサービス提供こそがあるべき姿だと思います。
厳しい競争の下、なかなかそうもいかないのでしょうが…。

消費する側も、さまざまな業界における『理由のわからない値下げ』が、数々の偽装労働環境の劣悪さを招いてしまっているということは認識しておくべきでしょう。
  


Posted by かいさく at 12:40Comments(0)よもやま話
わたくしどもの発行しているフリーペーパー・サンデー山口は、1978年8月13日の創刊。
このほど、無事創刊30周年を迎えました


ここまで続けてこられたのも、広告主、そして読者の皆様方のおかげです。

そこで皆様への感謝の思いを込め、サンデー山口の紙面を通して、山口のこの30年間を振り返っていただこうと、特別企画「タイムトリップサンデー」を、ホームページ上でスタートしました。


第1弾のテーマは「山口初のフリーペーパー サンデー山口創刊!」です。
創刊準備号、創刊号、第2号(1978年8月20日)から第4号(1978年9月10日)までを、そのままの形(PDF形式)で見ることができます。
期間は9月7日まで。


ぜひごらんになって、30年前の“山口”を感じてください!  


Posted by かいさく at 14:06Comments(3)仕事
本日、サンデー山口の「稜線」というコーナーに掲載したコラム。


このお盆休みを利用して、初めて東南アジアへ出かけた。
5日間で巡ったのは、タイ、カンボジア、ベトナムの3カ国。
あまりに駆け足すぎて、各国の雰囲気を味わった程度だったが、初めての見聞も多く、有意義な経験となった。

ベトナム・ホーチミンでは、戦争証跡博物館を見学。
ここはベトナム戦争が終わってすぐの1975年9月に開館した、その傷跡をありのままに展示している施設だ。
使用された数々の兵器、破壊行為や虐殺の様子を納めたさまざまな写真、枯葉剤による奇形児の写真やホルマリン漬け、牢獄やギロチンの実物などが並び、思わず目を背けたくなる。

だが、そんな中で救われたのが「子どもたちの『戦争と平和』絵画コレクション」コーナー。
小学生らが描いた数多くの絵が壁に掛けられており、悲惨な過去から未来へと目を向けさせてくれる。
中でも、両手の指や手のひらにベトナム、日本、タイ、韓国、中国、ブラジル、米国、フランスなどの国旗が描かれた絵、ベトナム、中国、韓国、日本、イスラエルの女性たちがそれぞれの民族衣装を身にまとい、手をつないで笑っている絵などが、子どもの目線で「争いごとなどなくしましょう」と語りかけてくるようで、感じるものがあった。




ブログではまだ最初の国のタイですが、コラムでは一気に最後のベトナムまで飛んじゃいました。







 ↑ 外には、当時使われた兵器がいくつも展示してあります


 ↑ 実際に使用された監獄が当時のままで(人物は人形ですよ)


 ↑ 世界各国での国際支援展示も



ブログで取り上げた子どもの絵は、次の2点です。






  


Posted by かいさく at 15:46Comments(0)稜線
ディナークルーズの後は、世界的にも有名なバンコクの繁華街、タニヤ通りパッポン通りへ。

タニヤ通りとは、別名「日本人横町」。
すし屋、居酒屋、たこ焼き屋からクラブ、バーなどの看板がひしめき、あちこちで日本語が飛び交っています。




 ↑ いいのか!?


パッポン通りには、欧米人向けの露天やバー、クラブ、ディスコなどが軒を並べてます。
通りを歩くと、店の軒先から水着姿のきれいな女性…ではなく、性転換した男性がひっきりなしに声を掛けてくるような、何とも怪しく、活気にあふれたところでした。




  


Posted by かいさく at 13:54Comments(0)旅行・出張・県外食事処

2008年08月20日

チャオプラヤクルーズ

バンコクに到着したのは、現地時間で13日午後5時半ごろ。
日本との時差は2時間なので、日本時間では7時半です。

最初の夜の夕食は、ディナークルーズ「チャオプラヤクルーズ」で。
午後7時から9時まで、バンコク市内を縦断するチャオプラヤー川をぐるっと巡りながら、ビュッフェ形式のディナーを楽しみました。


いざ、乗船。
欧米人の乗客が多いのにはビックリface08






生バンドによるBGMを聞きながら、ライトアップされた寺院などを左右に眺めます。








 ↑ この「Rama8橋」を過ぎるとUターン。





 ↑ 最後は、演奏スタッフも乗客もノリノリ
  


Posted by かいさく at 17:29Comments(0)旅行・出張・県外食事処

2008年08月19日

東南アジアへ!

8月13日から17日にかけての旅行は、萩焼作家・大和努さんの後援会「大和努を囲む会」(ちなみに、わたしが会長です)の結成10周年を記念してのもの。

会のメンバーでもある、山口県人なら誰でも知っているフジミツ・藤田雅史社長のお世話によって、タイ、カンボジア、ベトナムの3カ国を訪問。
原材料の輸入などで現地の会社とお取引があるため、現地事情に詳しいのです。

13日は、早朝起きで福岡空港へ。
チャイナ・エアラインでの台北経由のバンコク入りです。

生まれて初めて、ビジネスクラスというものに乗りました(^^;)
エコノミーとの差額が、他の航空会社に比べてリーズナブルだそうです。







往復の機内で見た映画は、日本では来月公開になる「アイアンマン」(面白い!)、「カンフーパンダ」、「ベガスの恋に勝つルール」。
なんか、とっても得した気分になりましたface02
  


Posted by かいさく at 18:49Comments(2)旅行・出張・県外食事処

2008年08月18日

無事帰国

昨夜10時ごろ、無事に山口へ戻ってまいりました。
今日から仕事で、バタバタです。

5日間で訪問したのは3カ国。
詳細は後日icon23
  


Posted by かいさく at 11:53Comments(0)旅行・出張・県外食事処