2010年08月30日

阿知須のてしま旅館

とある「秘密の企て」(?)がありまして、かの有名なデザイナーズ旅館・阿知須の「てしま旅館」で、初めて食事をいただきました。

実は、これまでグループでの会合や子連れでの利用に適したお部屋がなかったそうなのですが、このほど10人程度まで利用できる個室「一閤庵」が完成!
とのことで、上記のような「秘密の企て」ただの交流会ですけどね)も可能になりましたface02


集まったメンバーは、全員ブログでも積極的に情報発信されている、超前向きな県内経営者の方々です。

阿部あすかさん(山口市、スープカレー専門店・スープフルオーナー)、ブログはこちら

荒石由紀恵さん(周南市、KRYアナウンサー兼アロマ専門店・アロマドロップスオーナー)、ブログはこちら

瀬川清隆さん(山口市、インテリアショップ・DEGREEオーナー)、ブログはこちら

松永秀夫さん(山口市、IT企業・モトクロス代表取締役)、ブログはこちら

宗田静子さん(宇部市、ハウスクリーニング&ビルメンテナンス・望月商事代表取締役)、ブログはこちら



さてさて、玄関から一歩建物の中に足を踏み入れると、これまでにテレビや雑誌で見てきた通りのおしゃれで落ち着いた空間が広がります。






ロビーから廊下を少し行くと、右手に低ーい扉が。



頭を打たないよう気をつけて(わたしの身長は183センチあります)室内に入ると、これまたこだわりの感じられる空間が。


 ↑ 左手にあるのはバーカウンター。もともとバーだったスペースを改装されたそうです。





「とりあえずビール!」ですが、陶器製のジョッキだけでなく、注がれた泡の盛り上がり様にも注目。




 ↑ 有(ナシを「無」はマズイので「有」と表記)の実とホタテの丸(=スッポン)のジュレかけ


 ↑ 前菜2人分。サーモンのずんだあえ、万願寺(唐辛子)のラーキョ(食べるラー油+らっきょう)、鳥レバーのムースなどなど


 ↑ 近海で採れた魚のお造り。ハモ、ウニ、カンパチ、車エビに「あおさしょうゆジュレ」をかけて…


 ↑ 安平麩のオニオンスープグラタン


 ↑ 山口牛ローストビーフ寿司


 ↑ 日本酒・貴のグラニテ(左)。隣のワイングラスには本物の(?)貴が入ってます


 ↑ うなぎの白焼のガスパチョ


 ↑ マツタケと牛肉のしぐれ茶漬け
 

 ↑ (左から)くりまさるようかん、お茶、コーヒー



こだわりの料理はどれも美味しく、皆さんから聞く話は、どれも楽しく、かつ刺激的で…。

まだまだお話ししたかったのですが、あっという間に時間は過ぎてしまいました。




最後に記念写真。


 ↑ 左から、阿部さん、荒石さん、宗田さん、開作、瀬川さん、松永さん

また今度、集まってワイワイ情報交換したいですね!


それとこの個室「一閤庵」、まさに“隠れ家”的で気に入りました。
会合や家族との記念日なんかで、再度お邪魔したいです。



地図はこちら

  


2010年08月27日

『絶賛発売中!』

きょう、サンデー山口山口版の「稜線」に掲載したコラム。



『絶賛発売中!』


テレビ、ラジオ、チラシ、新聞、雑誌…、さまざまなメディアの中で、見聞きしない日がないほどよく使われているフレーズだ。

だが、この『発売中』という言葉、どこかおかしくはないか?


「発売」とは「商品を売り出すこと」と辞書にあり、「中」とは「その状態にあること」を表す。

つまり『発売中』とは「商品を売り出した瞬間」が、ずっと続いているとの表現。

正しくは「商品を売ること」を指す「販売」と組み合わせた『販売中』になるはずだ。


日本語の乱れについては、近年よく指摘されている。

「話の要点」を表す『さわり』が「話の最初の部分」に、「結論が出る状態になる」を意味する『煮詰まる』が「結論が出せない状態になる」に、「失望してぼんやりした様子」を示す『ぶぜん』が「腹を立てている様子」に、「自分の主張を広く知らせる」意の『檄を飛ばす』が「刺激を与えて活気づける」になど、本来の意味と異なって使われているケースが、メディアの影響なのか、特に若年層の間で増えている。


かくいうわたしも「正しい日本語」を使えているかと問われれば、全く自信がない。

『絶賛発売中!』と連呼するCMを横目で見ながら、自戒する毎日である。


  


Posted by かいさく at 20:17Comments(0)稜線

2010年08月26日

玄関のふんの主

一昨年この記事で取り上げた“玄関のふんの主”


昨年に続き、今年も日々いらっしゃってます。





今年は、玄関を空ける際に飛び立っていく場合と、動じずそのまま張り付いてる場合の2通り。

毎晩、ヒヤヒヤしながら帰宅してます(^^;


  
タグ :コウモリ


Posted by かいさく at 22:43Comments(0)よもやま話
日曜の家族での夕食は、我が家から歩いてすぐの「海鮮うまいもん屋 いち膳」(山口市神田町1-80 TEL:083-923-0014)へ。


メニューも豊富で、さまざまなお膳が並びます。

みな、その中から選んでいくなか、わたしだけ「ミニいくら丼」+いくつかの単品をオーダー。

うどんやサラダ等、家族が食べきれない品もこちらに回ってきて、豪勢な夕食となりましたface02


 ↑ 写真は一部です(笑)



地図はこちら

  


Posted by かいさく at 21:37Comments(0)会合・食事処-山口市湯田

2010年08月24日

「廿日会」懇親会

毎月20日に開催される、官民問わずさまざまな(山口市内に拠点を置く)職場の“長”が集まる勉強会「廿日会」

先週金曜の夜は、年に2回ある懇親会でした。

会場は、湯田温泉の「セントコア山口」





われわれのテーブルでは、国の政治、国防、経済等について、かなりコアな部分まで(メンバーがメンバーなものですから)、大いに語り合いました。





終了後は“山口市を動かす”とある人物&そのお付きの人と、3人で2次会へface02


地図はこちら

  


Posted by かいさく at 19:24Comments(0)会合・食事処-山口市湯田

2010年08月19日

クラブ奈加

わたしのブログ、検索エンジン経由でアクセスされた「キーワード」をチェックしてみると、1位は「かいさくブログ」

では、2番目は何でしょう?





答えは「クラブ奈加」(山口市泉都町9-22 TEL:083-922-3818)なんです。


ご存じない方に説明すると、これは山口市湯田温泉にある老舗の高級クラブ。

豪華な内装と、落ち着いた雰囲気で「山口に奈加あり」と全国的にも有名なお店です。

「クラブ奈加」という記事を最後にアップしたのは昨年2月とだいぶ前なのですが、いまだに参照されてるとは!?



さて、この不景気の折、わたしもそうそう行ける訳ではありませんが、会合の後に何人かで流れることはあります。

先月末、行く機会があったので、久しぶりに紹介しますね。





ブログ登場OK!のスタッフも。






店内が暗くて、残念ながらブラックベリーのカメラでは、きれいに顔が写りませんでした(^_^;



地図はこちら


  


Posted by かいさく at 22:35Comments(0)会合・食事処-山口市湯田
8月13日付サンデー山口山口版の「稜線」に掲載したコラム(の完全版)。



全国各地で100歳以上の高齢者が所在不明になっているという異様な事態が浮き彫りになり、近年の疎遠な血縁・地縁が問題視されている。

一体、戦後日本の目指していた「豊かさ」とは何だったんだろうと、あらためて考えさせられた。


物質的には間違いなく豊かになった。

だがその一方で、核家族化、少子高齢化、晩婚化、非婚化などは静かに進行し、バブル経済破たんを機に終身雇用制度も崩壊。

フリーターや派遣、引きこもり、ニートなども増え、格差社会も現実に。

リーマン・ショックの影響もあって、今春大学を卒業した「進路未定者」は、10万6000人(5人に1人)にも上っている。

「貧しくとも幸せだった時代」が“懐かしい”。


物質的豊かさや効率を追求するあまり、人と人とのつながりを軽視し続けた結果が、このような社会を生み出したのではないか。

買い物一つとっても、自販機、スーパー、コンビニ、ネット通販など、一言も口をきかなくても完結できるような便利さばかり追求してきたのだから、地域コミュニティーが希薄になるのも当然だ。


とはいえ、大都会と違い、われわれの地域はまだなんとかなりそう。

孤独死や幼児虐待など無縁の、会話を交わし「人と人とが支え合う」山口でありたい。


  


Posted by かいさく at 19:23Comments(0)稜線

2010年08月14日

「最高の1枚」募集

既婚者の方限定! ですが、今「HABAHABA」では、披露宴や結婚パーティーで撮影された「最高の1枚」の写真を募集中です。

詳しくはこちらのブログをご覧ください。




  


Posted by かいさく at 13:01Comments(0)仕事

2010年08月13日

創刊33周年

本日、8月13日は「サンデー山口」の創刊記念日です。


今から32年前1978年(昭和53年)8月13日に創刊号を発刊。


以来、読めば山口市での生活がちょっぴり充実する「山口の生活応援メディア」となるべく発行を続けてまいりました。


創刊から33年目を迎え、これからも読者、そして広告主の皆様方から信頼していただき、読んで楽しく、ためになる紙面づくりを心がけてまいります。

今後とも、社員ともどもよろしくお願い申し上げます。


  


Posted by かいさく at 00:00Comments(0)仕事

2010年08月11日

すしの花子

今週日曜の夕食は、久しぶりに「すしの花子」小郡店(山口市小郡上郷1579-1-2 TEL:083-972-8010)へ。







前々日に解体ショーで解体されたばかり、大トロや中トロなどマグロが美味い!





今月末までは、温泉旅行が当たるキャンペーンに、行くたび(500円以上の食事で)に応募できますよ。

また、今後のマグロ解体ショーは、13日(金)に小郡店27日(金)に小鯖本店で、午後7時から開催されるそうです。



地図はこちら