2月22日付サンデー山口山口版の「稜線」に掲載したコラム。



この夏、とても楽しみにしているイベントが、7月31日から8月8日まで阿知須・きらら浜で開催される「第16回日本ジャンボリー」「第30回アジア太平洋地域スカウトジャンボリー」だ。


大会へのボーイスカウト(小6~高3)の参加予定者数は、日本全国から1万2000人、海外から1500人(うち欧米からは50~100人ほど)。

スタッフ2000人を加えた1万5500人が、会場に集う。


9日間のキャンプ生活中、彼らは場内外でさまざまなプログラムをこなす。

テーマは、「山口を知る」「日本を知る」「ジャンボリープログラムを知る」。

「場内」では、平和や環境、人権といった地球規模の問題に対して見識を深めたり、全国各地に伝わる文化を体験したり、最先端の科学技術に触れたりする。

そして「場外」では、県内19市町の小中学校訪問・奉仕活動、自然体験、水上活動、広島平和記念資料館見学などを行う。


われわれ山口市民も、ぜひ地元開催の恩恵を被りたい。

最も期待しているのが「体験参加」。

ボーイスカウトメンバーでない山口の青少年たちが、野外遊びや交流活動等の「体験プログラム」に加わることができるのだ。

また、活動の様子やパビリオンの見学も可能なので、ぜひ足を運びたいと思っている。


  


Posted by かいさく at 21:25Comments(2)稜線
2月8日付サンデー山口山口版の「稜線」に掲載したコラム(の増補完全版)。



県はこのほど「文化芸術の振興に関する県民意識調査」(2012年11月)の結果を発表した。

県内居住の20歳以上が対象で、629人が回答している。


過去1年間、ホール・劇場、映画館、美術館、博物館などに直接出向いて観賞したもの(複数回答)のトップは「映画」(39・6%)で、2位は「絵画・写真・版画」(33・9%)。

だが、それに続くのは「観覧・観賞せず」(25・0%)だった。

1割を超えたのは陶芸・彫刻(14・8%)、「その他の音楽」(12・7%)、ポピュラー音楽(10・8%)、クラシック音楽(10・5%)。

一方、「ミュージカル・現代演劇」(4・9%)、「日本舞踊」(4・6%)、「バレエ・モダンダンス」(3・8%)、「能・歌舞伎」(2・9%)、「文芸」(1・1%)、「オペラ」(1・0%)などは5%未満だった。


では、自身が1年間で文化芸術活動に参画したかを聞いたところ、「経験あり」は27・7%で「経験なし」が72・3%。

その内容で最も多かったのは、生花・お茶・囲碁・盆栽等の「生活文化」(8・7%)だった。


子どもについて尋ねた質問もある。


まず、自身の子どもが、これまでに体験した文化芸術(複数回答、対象は143人)のトップは、「学校における公演鑑賞体験」(64・3%)で、2番目は「ホール・劇場や美術館・博物館など地域の文化施設における鑑賞や学習」(50・3%)。

以下、「地域の芸能や祭りなどへの参加」(47・6%)、「音楽祭や演劇祭など、地域で行われる文化的行事への参加」(44・8%)、「歴史的建物や遺跡などの見学」(44・1%)、「音楽、舞踊、華道、茶道、書道などの習い事」(43・4%)、「学校における演劇などの創作体験」(37・1%)と続いており、約9割の親が「何らかの文化芸術を体験した」と認識している。


次に、「子どもの文化芸術体験に重要なこと」には、「地域の祭りなど、伝統的な文化体験機会の提供」(44・8%)、「学校における公演鑑賞体験の充実」(43・4%)、「ホール・劇場や美術館・博物館など地域の文化施設における鑑賞・学習機会の充実」(42・8%)、「歴史的建物や遺跡などの学習機会の充実」(41・6%)、「音楽祭や演劇祭など、地域での文化的行事の開催」(39・0%)などが上位に並んだ。


そして「子どもの文化芸術体験について期待する効果」のトップは「日本の文化を知り、国や地域に対する愛着を持つようになる」(63・4%)。

「美しさなどへの感性がはぐくまれる」(55・7%)、「他者の気持ちを理解したり想像するようになる」(40・3%)、「コミュニケーション能力が高まる」(34・9%)、「他国の人々や文化への関心が高まる」(33・3%)などの回答が多かった。


後者は「立派な大人」になるためにどれも大切なこと。

そのためにも、前者の1位である地域の祭りや伝統行事に、学校ぐるみで参加するのはどうだろう。

お祭りの活性化にもなり一石二鳥だと思うが。


  


Posted by かいさく at 18:14Comments(0)稜線

2013年02月06日

東京の大雪

1月25日付サンデー山口山口版の「稜線」に掲載したコラム。



1月12日からの3連休、全行程フリーのツアーを利用して家族で東京へ出かけたのだが…。

帰山するはずの14日、大雪によって帰られなくなってしまった。



 ↑ 渋谷ハチ公前交差点、午後0時50分頃


 ↑ 渋谷、午後1時20分頃






同日午後にスマホで確認したところ、夕刻に乗るはずの飛行機はすでに欠航が決定。

旅行代理店の緊急連絡先に電話し、「なんとか本日中に帰りたい」と夜の福岡行を押さえてもらった。

だが、羽田空港へ移動し、カウンターへの長蛇の列に並んでる最中に全便の欠航が決定。







再度代理店に、翌朝6時55分発の便とホテルを予約してもらい、帰宅を呼びかけるアナウンスに従い、雪の中ホテルへ。


朝は5時発で空港へ行くも、再び長蛇の列。


 ↑ 馬込のビジネスホテルの窓から、15日午前4時45分頃


 ↑ 午前6時半頃


前日と合わせて3時間弱並んだのだが、航空会社の手違いによって乗るはずの便には乗れずじまい。

他の便の空席待ちをお願いされ、なんとか10時20分発で戻ることができた。

が、出勤・登校(子供たち)できたのは午後になってからで、いろいろと迷惑を掛けてしまった。


その翌々日には宇部発のボーイング787が緊急着陸し、その後は便の欠航も続く。

飛行機は、ちょっとしたことで予定が狂いやすいと、あらためて実感できた。


とても便利な乗り物で、今後も使い続けるのは間違いないのだが…。




本日も、関東は大雪のようです。

また、ボーイング787も運行再開の見通しが立ってません。


出張もほとんどなく、山口だけで生活する我が身としては、めったにできない体験でした。



  


Posted by かいさく at 12:23Comments(0)稜線