2015(平成27)年4月17日付サンデー山口(山口版)の「稜線」に掲載したコラム。



2015年4月12日に投開票された山口県議選、山口市における確定投票率は42.96%と、前回(2011年)より4.01ポイント低下した。


有権者数は、男性7万1989人、女性8万2136人の合計15万4125人。

それに対して当日の投票者は、男性2万5162人(34.95%)、女性2万7599人(33.6%)の合計5万2761人(34.23%)。

期日前投票者は、男性6077人(8.44%)、女性7380人(8.99%)の合計1万3457人(8.73%)。

合わせると、男性3万1239人(43.39%)、女性3万4979人(42.59%)の合計6万6218人(42.96%)だった。


山口市選挙区は、自民党の現職2人が引退し、6つの枠を現職4人と新人3人が争った。

自民、民主、維新、共産の各党が候補を擁立するなど、投票に行く理由は多かったはずだ。

しかしながら、県内15選挙区中、最低の投票率に終わってしまった。

人口減少、過疎化、景気低迷など地域の抱える問題は山積する中、有権者の6割が棄権するというのは深刻だ。


今国会では、選挙権年齢が「20歳以上」から「18歳以上」へと引き下げられる公職選挙法改正案の成立が見込まれている。

母数だけが増えて投票率が下がることのないよう、地域に「無関心」な人を減らしたい。


  


Posted by かいさく at 21:38Comments(0)山口市山口県稜線サンデー山口
2015(平成27)年4月3日付サンデー山口(山口版)の「稜線」に掲載したコラム。



2月12日、山口市米屋町(みずほ銀行駐車場入口横)に「ほたる広場」が完成。

「一の坂川周辺地区」の整備事業が、ひとまず終了した。


一の坂川では1965(昭和40)年から、氾濫予防の河川改修工事が順次進められた。

下流の方から、川底を掘ってコンクリート3面張りに。

風情は消え、ホタルの発育にも不適切な環境になってしまった。

だが、住民の反対で一時工事は中断。

上流の伊勢橋から亀山橋にかけての約570メートルは、石積みで草木も生えやすい、ホタルの生息に配慮された護岸として整備された。


その後、中下流域も、親水性、景観、生態系等に配慮した「街の顔となる川」に戻そうとの機運が高まり、1995(平成7)年に山口県が河川再生事業をスタート。

2012(平成24)年度までに、亀山橋から千歳橋までの約460メートルが「ほたる護岸」として「再生」された。

山口市もそれに歩調を合わせ、両岸道路や橋などの整備を進めていった。



 ↑ 2014(平成26)年8月23日撮影


地域住民でつくる「一の坂川周辺ブロック協議会」(中野雅恵代表)は先月、2000(平成12)年以降の活動をまとめた冊子を発行した。

読むと、アンケートや勉強会を重ねて整備構想を立案、行政に提言するなど、多くの人の情熱と献身的な努力があってこその結果(整備)だとわかる。

今年は、この中流域で乱舞するホタルを、ぜひ観賞したい。


  


Posted by かいさく at 19:15Comments(0)山口市稜線サンデー山口

2015年04月10日

日商から表彰状



このたび、日本商工会議所から表彰状をいただきました。

「役員・議員として20年の永きにわたり」とのことであります。


今、48歳。

28歳のころから山口商工会議所の議員を続けさせていただいております。微力ながら(^_^;

でも、あっという間ですなぁ。
  


Posted by かいさく at 17:22Comments(0)仕事山口市
2015(平成27)年3月20日付サンデー山口(山口版)の「稜線」に掲載したコラム。



3月15日の朝刊各紙に、「1人に1つ。マイナンバー」との広告が掲載された。


マイナンバーとは、国や地方自治体が個人情報を効率よく管理するため、日本に住むすべての人に割り当てる12桁の番号で、制度は2016(平成28)年1月にスタート。

税金や社会保障の手続き時に、源泉徴収票、住民票、納税証明書等の書類が不要になるなどのメリットがある。


私ごとになるが、今年2月中旬に母を亡くし、いまだ諸手続に奔走中。

その中で参ったのが、戸籍の取得だ。


故人の銀行口座は一時凍結され、自動引き落としなどできなくなる。

解除(相続)するためには、故人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本が必要だ。

だが、1957(昭和32)年と1994(平成6)年の2回、国民の戸籍は法務省令により改製されている。

婚姻による別戸籍への入籍や、親元から独立した分籍など個別の要因もからむため、ケースによっては、整えるのが一苦労。

複数の市町村に(郵送で)何通存在するかわからない「改正原戸籍」を請求しなければならないのだ。


現在、マイナンバーを戸籍にも適用することが検討されている。

そうなれば、山口市役所だけで事は足りる。

自らの経験からも、ぜひそうなってほしいと願う。


  


Posted by かいさく at 20:46Comments(0)稜線その他サンデー山口