2015(平成27)年7月31日付サンデー山口(山口版)の「稜線」に掲載したコラム。


4年に1度のボーイスカウトの国際大会「第23回世界スカウトジャンボリー」が28日に開幕。

メーン会場の阿知須きらら浜を舞台に、8月8日(土)まで開かれている。






約150の国と地域から、3万4千人が集結。

参加する14歳から17歳までのスカウトは、世界中から集まる仲間たちと約2週間、キャンプを通じて生活を共にする。

会場内は世界の縮図となる巨大な“町”で、食事や休み時間、買い物やトイレまで、そのすべてが教育プログラムだ。

子どもたちは体験活動を通じ、環境、開発、平和、人権といった問題をも感じ、考え、行動するようになる。

日本からは最多の6700人が参加し、2番目に多いのはボーイスカウト発祥の地・イギリスの4千人。

以下、スウェーデン(1900人)、アメリカ(1700人)、台湾(1200人)、オランダ(千人)、ドイツ(同)と続いている。


彼らは、会場の外にも飛び出す。

県内各地を訪問し、県民との交流を深める。

また、約2万5千人が、広島を訪ねて恒久平和を誓う「広島ピースプログラム」にも参加。


一方では、われわれ山口県民は同会場での国際交流イベント「やまぐちジャンボリーフェスタ」に無料で入場できる。

めったにないこの機会、ぜひとも訪れたい。   


Posted by かいさく at 10:42Comments(0)山口県稜線サンデー山口

2015年08月25日

「山口で暮らす」魅力

2015(平成27)年7月24日付サンデー山口(山口版)の「稜線」に掲載したコラム。


「ボンカレー」で有名な大塚食品(大阪市)が、忙しい20~40代の働くママ1030人に対して「平日の食卓事情」を調査した。

その結果には、全国の多くの家庭で直面している課題が浮き彫りになっているように感じた。


「食卓時の家族間での会話」は、9割以上が重要視。

そして「家族の食卓にとって大切なこと」として、「家族間のコミュニケーションの場にする」(94%)、「ゆったりとした時間」(89%)、「家族全員そろって食べる」(89%)も上位に。

また「平日の夕食の悩み」として、半数以上が「子どもをついしかってしまう」(55%)、「子どもをついせかしてしまう」(54%)をあげた。

さらに「理想と現実との違い」には、「テレビ・スマホ・新聞などをつい見てしまう」(29%)、「全員そろって食事をとれない」(28%)、「子どもの話を積極的に聞いてあげることができず、返事が片手間になってしまう」(24%)等のコミュニケーション不足も並んでいる。


家族全員で食卓を囲み、いただく生命や「生かされている」ことに感謝しつつ、その日あった出来事をゆっくりと語らう―。

職住近接のかなう県庁所在地・山口市では、そんな生活を送れる人も多いのではないか。「山口で暮らす」魅力の一つだろう。


  


Posted by かいさく at 17:55Comments(0)山口市山口県稜線サンデー山口


阿知須、きらら浜に来ました。





世界スカウトジャンボリー、会場内は国際色豊かで、ワクワクします。

  


Posted by かいさく at 13:44Comments(0)山口市山口県