2018年04月13日

創刊40周年

2018年4月13日付サンデー山口掲載「稜線」より


4月に入ってから、本紙の題字に「創刊40周年」のワンポイントが入っている。
お気づきになられただろうか?



 
サンデー山口は、1978(昭和53)年8月に創刊した。
創業スタッフは、1885(明治18)年創刊・同年4月に廃刊となった県紙「防長新聞」に勤めていた新聞記者たち。
民放テレビ局を参考に、広告料だけで成り立たせる無料地域新聞を発想し、立ち上げたのだ。

「地域社会の動きを敏感にとらえ、それを的確に広く市民に伝える」が、創刊時の理念。
それから40年。
われわれを取り巻く環境は大きく変わり、良くも悪くも複雑な世の中になった。

そのような中、より一層皆様のお役に立てるよう、弊社社員一同、精進して参ります。


http://sunyama.soreccha.jp/e430044.html  


Posted by かいさく at 13:53Comments(0)稜線サンデー山口
2018年4月6日付サンデー山口掲載「稜線」より


今年、福島県会津若松市では、明治維新ではなく「戊辰150周年記念事業」が展開されている。会津では、いまだに長州への遺恨が残っていると、しばしば耳にする。

その背景には、戊辰戦争後に「新政府軍が会津藩士の遺体の埋葬を許さず、半年間野ざらしにされた」との言い伝えがある。ところが昨年10月、同市在住の野口信一さんが、それを覆す史料「戦死屍取仕末金銭入用帳」を発見した。

それには、新政府は会津藩の降伏から10日後に埋葬を命令したとあり、567人の64カ所への埋葬が、詳しく記録されているそうだ。

「怨念」の要因は一つではないのだろうが、150年後の「雪解け」に期待したい。


http://sunyama.soreccha.jp/e429658.html  


Posted by かいさく at 17:45Comments(0)山口県稜線サンデー山口
2018年3月23日付サンデー山口掲載「稜線」より


今や、何をするにも欠かせないPCやネットワーク機器だが、性能の進化に伴い、操作方法やルールは年々複雑化している。

諸事情により、数年前に外注して作り上げた社内LANの再構築を、自らの手でする必要に迫られた。

業務用ルーターにPCをシリアル接続。
過去の接続図や設定例を参考に、いろんなコマンドを打ち込むも、うまくいったりいかなかったり…。
不具合の原因をたどってみたら、触っていたルーターではなく、UPSなど電源回りだったこともあった。
数日かけて「使える」レベルにはなったが、まだまだだ。

とはいえ、ちょっと背伸びした「挑戦」によって得たことも多い。
今後も、さまざまな分野でチャレンジしていきたい。(K)

http://sunyama.soreccha.jp/e428858.html

  


Posted by かいさく at 15:39Comments(0)稜線サンデー山口

2018年03月21日

がんばれレノファ!

2018年3月16日付サンデー山口掲載「稜線」より


レノファ山口FCがJ2リーグで開幕3連勝を飾り、首位に立っている。

レノファは2006(平成18)年、中国リーグに所属する山口県サッカー教員団を母体に、当面は2011(平成23)年の山口国体優勝を目指し設立された。同年11月には、山口県サッカー協会が中心となり「Jリーグゲーム招致県民会議」が立ち上げられたりもした。

2014(平成26)年のJFL昇格以降の活躍およびサポーターが熱狂する今の様子と、“県内では(基準に沿うスタジアムがないため)Jリーグの公式戦すら開催できない”という12年前の状況を重ね合わせると、まさに隔世の感がある。

42試合中まだ3試合が終わっただけだが、J1への昇格も夢物語ではなさそうだ。がんばれレノファ!


http://sunyama.soreccha.jp/e428502.html


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3月17日の水戸戦に敗戦し、3位になったレノファ。
きょう午後3時から、ホームのみらスタで金沢戦です。

午前中には強かった山口市内の雨も、午後になって弱まりました。
今日は勝利を!


△2月にあった「シーズン決起集会」で撮った坪井選手(きょうはベンチ入りしてませんが)との2ショットです


  


Posted by かいさく at 13:39Comments(0)山口県稜線サンデー山口
2018年3月2日付サンデー山口掲載「稜線」より


2月9日の平昌冬季五輪開幕に際し、寒い平昌で戦う選手たちに「“暖かい”山口から熱い声援を送ろう」と小欄に書いたのが、ちょうど2週間前。

過去最多となる金4、銀5、銅4計13個のメダルを獲得した日本選手団の活躍もあり、国内は2月25日の閉会式まで大いに盛り上がった。
テレビの瞬間最高視聴率も、羽生結弦選手金メダル獲得の46.0%、カーリング女子銅メダル獲得の42.3%など総じて高く、カーリング女子の「も
ぐもぐタイム」に登場した「赤いサイロ」に注文が殺到したり、「そだねー」が流行語になったり、『一大ブーム』を巻き起こした感じだ。

3月9日(金)から18日(日)まではパラリンピック。
この流れのまま、さらなる声援を送りたい。


http://sunyama.soreccha.jp/e427692.html   


Posted by かいさく at 15:52Comments(0)よもやま話稜線サンデー山口

2018年02月27日

IoTには落とし穴も!?

2018年2月23日付サンデー山口掲載「稜線」より


最近よく耳にする「IoT」。これはInterenet of Thingsの略で、直訳すると「モノのインターネット」。
ありとあらゆるモノが、ネットにつながることを指す。

例えば、テレビ録画機がネットにつながることで、自宅外での番組録画予約が、スマホで簡単にできるようになった。
外出先からの自宅機器操作は、既に照明、冷暖房、掃除などでも可能だ。

ただ、IoTの「本質」は、データの収集・蓄積と行動分析にある。
位置情報、決済履歴、サイト閲覧履歴など、飛躍的に増える「ビッグデータ」を、大企業が上手に活用する新サービスも生まれてくることだろう。

昔SF小説にも描かれた便利な「未来」のようだが、一方で落とし穴も多そうだ。


http://sunyama.soreccha.jp/e427301.html  


Posted by かいさく at 17:31Comments(0)よもやま話稜線サンデー山口

2018年02月16日

春も、もうすぐ

2018年2月16日付サンデー山口掲載「稜線」より


今週初めまで厳しい寒さが続き、山口市の阿東地域では、2月9日から12日にかけて断水にもなった。

記録的な大雪に見舞われた北陸地方では、日常生活に戻るにはまだ時間がかかりそうだ。
37年ぶりの大雪により、約1500台の車両が国道に立ち往生もした福井県では、業者が手一杯なのに加えて雪捨て場も満杯になり、幹線道路以外の除雪は思うように進まない。
また、かなり回復はしたものの、物流にも若干支障を来していると聞く。
早期復旧を祈念する。

さ来週には3月になる。
気象庁によると、2月21日(水)までの山口県は、最高・最低気温とも平年並みか平年より高く、最高11度、最低4度くらいになるという。
寒さもようやく和らぎそう。
春も、もうすぐだ。


http://sunyama.soreccha.jp/e426931.html  


Posted by かいさく at 18:09Comments(0)山口市稜線サンデー山口
2018年2月9日付サンデー山口掲載「稜線」より


「春の到来を告げる」立春(4日)も過ぎたが、氷点下の寒い日が続く。

日本より北に位置する韓国は、さらに寒い。
きょう2月9日に平昌冬季五輪が開幕するが、開会式は午後8時から。
2月3日に同時間帯で行われたリハーサル終了時の気温は、なんと氷点下15度。
体感温度では氷点下22度だったという。
厳しい寒さが予想される中、観客や関係者の体調はもちろん、選手たちのコンディションに悪影響がないか、心配もされている。

過去に山口県ゆかりの選手が冬季五輪に出場したことはなかったが、本大会にはスピードスケート女子の郷亜里砂選手が初めて出場する。
山口県の国体選手団員だった彼女も含め、出場する選手たちに“暖かい”山口から熱い声援を送ろう。


http://sunyama.soreccha.jp/e426592.html  


Posted by かいさく at 12:19Comments(0)山口県稜線サンデー山口
2018年2月2日付サンデー山口掲載「稜線」より


丸の内プラチナ大学「ヨソモノ街おこしコース」受講者による、山口市への移住促進を図る提案(1月27日付本紙掲載)には、次のような内容があった。

・シニアを「期間定住者」、新卒者は「定住候補者」として交流人口拡大
・県外出身大学生の親族を「招待」
・湯田温泉CCRC、大学と連携した過疎地域空き家活用
・「萩・津和野・下関の真ん中に住んでみる」をウリにお試し居住
・インスタグラムを活用した山口市特産品レシピコンテスト
・カワラケツメイ茶等、知られていない「食」の活用
・2日で完結する巡礼路、秋穂八十八ヶ所霊場のPR
・ひとによるひとの獲得、おじ(ば)ちゃんによるYMG48設立



「ヨソモノ」からの提案、しっかりと受けとめたい。


http://sunyama.soreccha.jp/e426197.html  


Posted by かいさく at 18:07Comments(0)山口市稜線サンデー山口
2018年1月26日付サンデー山口掲載「稜線」より


2017(平成29)年12月にトライバルメディアハウスが実施した「趣味とライフスタイルに関する意識調査」(30~50代の男女4700人が対象)の結果が目を引いた。

自由に使えるお金の51%以上を趣味に使っている人を47都道府県別にランキング化したところ、山口県がなんと1位。
比率は20.0%で、5人に1人の割合だ。最下位は、徳島県の7.0%だった。

だが、山口県は「ハマる趣味があり、幸福度も高い」ランキングでは下位の33位。
ここでの1位は逆に徳島県だ。
お金をかけずとも、趣味は十分楽しめるということか。

外食、衣服、レジャー、嗜好品、自己啓発、投資等、お金の使い道はたくさんある。
趣味だけに偏ることなく、バランス感覚も持ちたいものだ。


http://sunyama.soreccha.jp/e425807.html  


Posted by かいさく at 17:47Comments(0)山口県稜線サンデー山口